シニア向けスクラッチ講座が終了

6月から始まったプログラミング講座が、やっと終わりました。 正確に言うと、来週、もう1回ありますが、わたしは都合により欠席するので、今日で終了です。

まず5回の講座を受け、初めてスクラッチを学びました。けっこう人気があり、あっという間に応募者いっぱいになったそうです。秋になり、ふたたび講座の開催が決まり、初回講座の受講生が講師役を務めることになりました。

講座の進め方を話し合うために集まって一緒にランチをしたり、講座用のテキストを作成したり、メールで情報交換したりと、準備期間はおよそ2ヶ月。11月から講座が始まり、わたしは第4回を担当して、30分ほど皆さんの前で話をさせてもらいました。

来年になったら、ボランティアとして地元の小学校でプログラミング講座の手伝いをさせてもらう案が出ていますが、具体的には決まっていません。2020年からは小学校の授業で正式にプログラミンが取り入れられます。それに先立ち、どんなものなのかを体験でき、時代に乗り遅れなくてすみました。

スクラッチの知識を得ただけでなく、同年代の皆さんと交流できたことも大きな収穫です。同時に、人それぞれ、興味の対象が異なることも感じました。

まもなく新しい年がやってきます。このスクラッチを小学生というより高齢者の、いえ自分自身の頭の活性化に使えないかと思案しています。

まもなく新年

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする