「鉄道写真トークショー」に行ってきました

第10回「タムロン鉄道風景コンテスト」の開催を記念して行われたトークショーに、めでたく当選。大宮の「てっぱく」こと、鉄道博物館へ行ってきました。

役目を終えた電車たち

トークショーは15時30分からですが、13時から入場できました。

いっぱいの思い出を詰め込んだ電車が、今は静かに、来館者を迎えてくれます。

少し早めに行って、電車が運んだたくさんの人と時の流れに思いをはせ、しみじみと楽しいひと時を過ごしてきました。

鉄道博物館

鉄道博物館

鉄道博物館

鉄道博物館

鉄道博物館

鉄道写真トークショー

てっぱくの北の端にあるホールで行われました。

タムロン鉄道写真トークショー

こんな素敵な乗車券をいただきました。

そして、トークショーの終わりには、この切符に広田さんが直々にハサミを入れてくださいました。

タムロン鉄道写真トークショー

タムロン鉄道風景コンテストの審査員でもある、写真家・広田尚敬さん、フォトライター・矢野直美さん、そしてフォトエディター・板見浩史さんによる豪華なトークショーが始まります。

過去10年分のグランプリ作品を鑑賞しながら、鉄道写真の魅力についてお話しくださいました。

タムロン鉄道写真トークショー

今年の入賞作品です。受賞された3人の方が会場にいらしていました。

モデルは妹さんだそうです。

タムロン鉄道写真トークショー

200回以上シャッターを切って、合成したそうです。星の流れと鉄橋が平行になっています。南の空だそうで、星座の知識も豊富な方です。

タムロン鉄道写真トークショー

どちらも、その時、人の目には見えていない、写真ならではの景色です。考え抜かれた構成力が素晴らしいとのお話もありました。

そして、こちらは廃線になった駅です。おじいさん、おばあさんと一緒にこの駅を訪ねたそです。

タムロン鉄道写真トークショー

わたしは、この叙情的な写真が一番好きでした。

最後に広田さんから、歩いて行くことが大切だという話がありました。歩くと、体だけでなく頭も動く、それによって、いろんなことに気づき、見えるようになるそうです。

また、事前に考える構成力も大切だけれど、その場へ行ったら、頭をカラにして無心になって、その場の空気を感じることが大切だいうお話もありました。

撮る前に考える構成力と、その場で感じる心。大切にしたいと思います。

株式会社タムロン, TAMRONは、永年に培った光学技術に電子技術、精密機械工学を融合し、あらゆる産業の中で映像の眼を創造する企業として挑戦を続けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする